31日(月)は関東で大気不安定 夕方以降は急な天気変化や落雷・突風に注意 1日(火)は広く晴天

© 株式会社ウェザーマップ

31日(月)の全国の天気と予想最高気温

 31日(月)午後は、東北から東・西日本にかけて広く晴れて、真夏日となる所がある見込み。一方、関東は大気の状態が不安定で、夕方から山沿いを中心に雨雲が発達し、今夜は東京都心でもにわか雨や雷雨の可能性がある。天気の急変や落雷、突風に注意が必要だ。

関東は夕方から雷雨

31日(月)午後7時と6月1日(火)午前1時の雨の予想

 東北や東・西日本は、高気圧に覆われて晴れている所が多い。西日本を中心に気温が高く、昼過ぎにかけては近畿の盆地や九州北部で、30℃以上の真夏日となる所がある見込み。関東は平年並みの気温だが、湿った空気や上空の寒気の影響で大気の状態が不安定となりそうだ。夕方以降は山沿いで雨雲が発生・発達する予想で、今夜は東京など南部でも急な雨や落雷、突風に注意が必要となる。

 なお、31日午後の北海道は晴れ間もあるが、基本的には雲が多めとなる見通し。北日本の日本海側から新潟にかけては、この時季としては気温が低く空気がひんやりとした状態が続く見込み。

1日(火)33℃の所も

6月1日(火)の全国の天気と予想気温

 あす6月1日は全国的に、広く晴れる見込み。朝は北海道で冷え込むが、日中はこの方面でもきょうより気温が高くなる見込み。東海から西の地域は、最高気温が28℃前後まで上がる所が多くなりそうだ。きょうと同様にカラッとした暑さだが、日田(大分)や熊本は33℃くらいと厳しい暑さが予想されるため、熱中症など健康管理に注意が必要だ。関東は天気が安定して、日中は安心して洗濯物を外干しできそうだ。2日(水)は西から雲が多くなるが、北陸から北の日本海側は晴れる所が多い見込み。

3日(木)から4日(金)広く雨

週間予報(天気と最高気温)

 3日(木)は西から雨の範囲が広がり、東海や関東でも早ければ夕方から雨が降り出す見通し。4日(金)午前にかけては、北陸から北の地域も雨の降る所が多く、北日本でも雨脚の強まる所がありそうだ。関東など東日本の太平洋側は、4日午後も雨雲がかかる可能性があり、その後、週末にかけても曇りがちの天気が続く見込み。まだ梅雨入りが発表されていない地方でも、この週後半の曇りや雨が、見極めのタイミングとなるかもしれない。

 なお、31日午前9時に、フィリピンの東で台風3号が発生した。台風が今後それほど発達しない場合でも、沖縄では週の後半に湿った空気が流れ込み、雨雲が発達しやすいエリアとなる可能性がある。沖縄は週の後半、台風や雨雲の動向に注意が必要だ。

(気象予報士・高橋和也)