休業時短拒否の16店に命令へ

大阪知事「適切に法執行」

©一般社団法人共同通信社

 大阪府の吉村洋文知事は31日、緊急事態宣言に伴う休業や午後8時までの営業時間短縮要請に応じない飲食店について「16店舗に(改正特別措置法45条に基づく休業などの)命令を出す」と府庁で記者団に明らかにした。6月1日にも実施する。

 吉村氏は「変異株が広まる中で要請をお願いした。どうしても協力いただけない事業者へは適切に法を執行する」と述べた。

 命令した際は店名の公表ができるが、府は客が集まる恐れがあるとして行わない方針。命令に従わなければ行政罰として30万円以下の過料を科す手続きが取られる。吉村氏は要請に従わない店が他に約40店舗あることも明らかにした。