五輪パラ、人流対策の検討を

尾身氏「感染拡大リスクある」

©一般社団法人共同通信社

新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は31日の参院決算委員会で、東京五輪・パラリンピックを開催した場合、人の流れが増えて感染拡大のリスクが生じるとし、対策を検討する必要があるとの認識を示した。

 尾身氏は「五輪は普通のイベントとは違う。放っておけば人流や接触機会が増えるのはほぼ間違いない」と指摘。「県を越えた人々の動きで感染が拡大するリスクは当然あり、どのような対策を取るか今から考えていた方がいい」と述べた。

 選手らと外部の接触を断つ「バブル方式」については「非常に重要で、しっかりやれば、ある程度コントロールは可能だと思う」とした。