日本選手団きょう接種開始 約1600人が対象

©FNNプライムオンライン

東京オリンピック日本選手団へのワクチンの接種も、1日から本格的に始まる。

ワクチン接種は、代表選手やスタッフ、コーチ、JOC(日本オリンピック委員会)、関係者およそ1,600人が対象となる。

JOCは、接種を受ける競技団体や、1日あたりの人数に関しては明らかにしない方向。

関係者によると、現在、海外遠征中のバレーボール代表は、帰国後の隔離期間中にワクチンを接種する予定。

今回のワクチン接種に関して、JOC・山下会長は「大会に間に合うような形で、希望する選手がワクチンを打てるようになり、よかった」と期待感を示している。