100障害で寺田明日香が日本新

木南陸上、200は小池祐貴V

©一般社団法人共同通信社

女子100メートル障害予選 12秒87の日本新をマークした寺田明日香(左)=ヤンマースタジアム長居

 陸上の木南道孝記念は1日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、女子100m障害の寺田明日香が追い風0.6mの予選で12秒87の日本新記録をマークした。4月に自身が出した従来の記録を0秒09更新。追い風0.3mだった決勝は12秒89で優勝した。

 男子200mは小池祐貴が20秒59、女子1500mは東京五輪5000m代表の田中希実が4分10秒06で制した。混合1600mリレーでは日本選抜(青山、松本、佐藤、川端)が3分16秒67の日本新記録を樹立した。

 男子110m障害は村竹ラシッドが13秒35で優勝。やり投げ男子は小南拓人、女子は上田百寧が勝った。

混合1600メートルリレーで日本新をマークし、ポーズをとる(左から)川端、佐藤、松本、青山=ヤンマースタジアム長居