志摩での事前キャンプ中止

スペインのトライアスロンチーム 

©三重テレビ放送

東京オリンピック・パラリンピックに向け、三重県志摩市で予定されていたスペインのトライアスロンチームの事前キャンプが新型コロナウイルスの影響で中止されることになりました。

志摩市によりますと、新型コロナウイルスの感染が拡がる中、スペインのトライアスロン連盟から「事前キャンプを実施せず、直接選手村に入りたい」との申し入れがあり、双方で協議した結果、事前キャンプの中止が決まったということです。

三重県内では、カナダやイギリスなど7つの競技チームの事前キャンプを受け入れることになっていましたが、既にカナダのアーティスティックスイミングチームの事前キャンプの中止も決まっています。

なお、県内で事前キャンプを予定している他のチームについて、現時点で変更はなく受け入れに向けて準備が進められています。