ホープの村竹ラシッドがU20日本最高記録 男子110メートル障害

©株式会社神戸新聞社

先頭でゴールし、ガッツポーズを決める村竹ラシッド=ヤンマースタジアム長居(撮影・高部洋祐)

 「陸上・木南道孝記念」(1日、ヤンマースタジアム長居)

 男子110メートル障害決勝(追い風0.3メートル)が行われ、村竹ラシッド(順大)が13秒35のU20日本最高記録を出し、大会記録で優勝した。好スタートを切った村竹はリズムのよい走りを見せて、東京五輪参加標準記録の13秒32に0秒03に迫った。

 予選は13秒44。決勝でさらに記録を伸ばし「正直ここまで記録が出ると思ってなかった。予選と同じくらいの記録が出ればいいかなと思ったので、自分でも驚いている」と目を白黒。「ジュニアの記録更新も気にしてなかった」と言う。

 昨季末からスタートから最初の障害までを7歩に変更。当初は練習でも7歩で届かなかったが「5月に入って試合を重ねていい感じになってきた。スタートの強化はあったのかな」と自己分析する。東京五輪も「シーズン始めに比べたら(参加標準の)13秒32は具体的な数字に見えてきた」と五輪出場権がかかる6月末の日本選手権(大阪)に照準を合わせた。