【リコール】三菱eKスペース、日産ルークスの電装に不具合

©横浜エフエム放送株式会社

三菱は2021年5月27日、軽自動車スーパーハイトワゴンのeKスペース、日産ルークスの電装に不具合があるとしてリコールを届け出ました。

この不具合は市場からの233件の報告によるもので、マイルドハイブリッド用のリチウムイオン・バッテリーのアースボルトが車体への取り付けが不適切なため、アース不良となるものがあるというものです。

そのため、そのままの状態で使用を続けると、アイドリングストップ後、再始動不能またはエンジン停止不能となり、最悪の場合、車両火災に至る恐れがあります。

対策は、該当車両の車体側取り付け部を点検の上、新品のアースボルトを取り付けることになります。

該当車両は2020年3月~5月の間に生産された三菱のeKスペース、日産ルークスで、合計2万3255台です。

三菱 eKスペース 関連記事
三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト

日産 関連記事
日産自動車 公式サイト