【U―24代表】横内監督は〝兄弟マッチ〟に前向き「緊張感ある中でやれるのはいい」

©株式会社東京スポーツ新聞社

U-24横内昭展監督

U―24日本代表横内昭展監督(53)が、突如実現したA代表との強化試合(3日、札幌ドーム)をポジティブに受け止めた。

本来行うはずだったA代表のジャマイカ戦が行えず、1日に今回の一戦が決定。U―24代表は5日に福岡で行うU―24ガーナ戦を控えるため、移動も含む中1日のスケジュールとなる。2日にオンラインで取材に応じた横内監督は「5日のガーナ戦に向けてコンディションを整えていたので少し難しさはあるが、選手もポジティブにとらえてくれた。緊張感のある中でA代表と試合をやれるのは、強化の上で非常にいい試合」と語った。

またDF吉田麻也、DF酒井宏樹、MF遠藤航のオーバーエージ3選手については「経験値が高い。このチームにしっかり還元してほしいし、プレー面でも違いを見せてほしい」と期待した。