「漫画村」元運営者に実刑判決

収益構造を破壊、と福岡地裁

©一般社団法人共同通信社

星野路実被告

 人気漫画をインターネット上に無断で公開した海賊版サイト「漫画村」(閉鎖)の著作権法違反事件で、同法違反と組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)の罪に問われた元運営者星野路実被告(29)に福岡地裁は2日、懲役3年、罰金1千万円、追徴金約6200万円の判決を言い渡した。求刑は懲役4年6月、罰金1千万円、追徴金約6200万円だった。

 漫画村は国内最大規模の海賊版サイトで、2018年4月に閉鎖した。神原浩裁判長は、星野被告が広告収入の仕組みを考案し、大量の漫画データを閲覧可能な状態にしたと指摘。「著作物の収益構造を根底から破壊し、違法性は高い」と述べた。