米国、決勝ラウンド進出

キューバ出場逃す、五輪野球予選

©一般社団法人共同通信社

ドミニカ共和国に勝ち、決勝ラウンド進出を決め、握手を交わす米国バッテリー=ウェストパームビーチ(USAトゥデー・ロイター=共同)

 【ロサンゼルス共同】野球の東京五輪米大陸予選第2日は1日、米フロリダ州ポートセントルーシーなどで1次ラウンド4試合が行われ、A組の米国とB組のカナダ、ベネズエラが開幕2連勝して決勝ラウンド進出を決めた。A組のプエルトリコと、B組の五輪過去3度優勝のキューバ、コロンビアはいずれも2連敗で1次ラウンド敗退が決まった。

 A組は米国がドミニカ共和国を8―6で、ニカラグアがプエルトリコを延長十回、7―6で下し、ドミニカ共和国とニカラグアは1勝1敗となった。B組はカナダがキューバに6―5で競り勝ち、ベネズエラはコロンビアに3―2で勝った。