【速報】錦織が第1セットを落とす。世界25位ハチャノフとの全仏OP2回戦

©株式会社WOWOW

「全仏オープン」での錦織圭

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月30日~6月13日/クレーコート)大会4日目となる2日。男子シングルス2回戦で、世界49位の錦織圭(日本/日清食品)が第23シードで世界25位のカレン・ハチャノフ(ロシア)と対戦。錦織が第1セットを4-6で落とした。

錦織とハチャノフの過去対戦成績は、錦織の3勝2敗と勝ち越している。また、5月上旬のクレー大会「ATP1000 マドリード」1回戦でもフルセットの末に逆転勝利した。

一方、今大会1回戦で錦織が予選勝者で世界159位のアレッサンドロ・ジャンネッシ(イタリア)と4時間超えのロングマッチを戦ったのに対し、ハチャノフは1回戦で世界71位イリ・ベセリ(チェコ)をストレート1時間半あまりで破っての勝ち上がり。

初戦で粘り強さを見せた錦織が、2回戦でハチャノフから前哨戦に続き連勝できるか注目される。

試合はコイントスに勝ったハチャノフがレシーブを選択し、錦織のサービスゲームから開始。錦織本人も初戦勝利後に課題として挙げたのがサーブだったが、この第1セットの立ち上がりはラブゲームで完璧な入りを見せた。

第3ゲームは相手にこの試合最初のブレークポイントを握られるも、ここは錦織がセーブ。一方、次のゲームでは錦織に30-40のチャンスがあったが、決めきることはできなかった。

すると第5ゲーム、今度は錦織が15-40のピンチに。一本はしのいだものの、次のサーブで回り込みの強烈なストレートへのリターンを浴び、先にブレークを許した。

その後もアンフォーストエラーでややキープに苦しむシーンもあった錦織だが、なんとかピンチを切り抜ける。しかしブレークバックはならず、第1セットを落とした。

試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全仏オープン」での錦織圭
(Photo by Julian Finney/Getty Images)