男子100M平は佐藤翔馬が逆転勝利 五輪まであと50日に「1日1日大切に練習したい」

©株式会社神戸新聞社

100メートル平泳ぎを制し、笑顔を見せる佐藤翔馬=千葉県国際総合水泳場(撮影・高石航平)

 「競泳・ジャパンオープン」(3日、千葉県国際総合水泳場)

 男子100メートル平泳ぎは、200メートル平泳ぎで東京五輪金メダル獲得が期待される佐藤翔馬(20)=東京SC=が59秒76で制した。

 前半の50メートルは6番手と出遅れたが、得意の後半で一気にスパートかけ、唯一の59秒台でフィニッシュ。「タイム的には納得していないけど、59秒台は安定してきた」と振り返った。

 この日で東京五輪開幕まであと50日となり「(4月の五輪代表)選考会が終わった直後に100日前くらいで、そこからもう半分たってしまったのかと早いなと思うところもあるし、まだあるなという印象もある」と佐藤。今夏の大舞台に向けて「1日1日大切に練習したい。五輪ではてっぺんを取るのが目標なので、行動で示していきたい」と改めて気を引き締めた。