日本陸連、収益・会員数が大幅減

コロナ禍の影響受け

©一般社団法人共同通信社

 日本陸連は3日、オンラインで理事会を開き、2020年度の経常収益と登録会員数が新型コロナウイルスの影響を受けて大幅減となったことを報告した。

 経常収益は前年度比で約22億円減の約10億3620万円で、約1億3千万円の赤字。競技会の中止や、選手の活動制限で助成金を得られなかったことが響いた。19年度は東京五輪マラソン代表選考会など大きなイベントがあったため収益が例年より10億円程度多く、今回の減り幅も大きくなった。

 登録会員数は前年度比で約4万4千人減。全国高校総体の中止などで高校生の減少が目立った。現在は回復傾向にあるという。