D4―3ソ(3日)

DeNAが接戦を制す

©一般社団法人共同通信社

7回DeNA1死二塁、大和が左越えに勝ち越し二塁打を放つ=横浜

 DeNAは一回、オースティンの3ランで先制。七回に松田に同点3ランを浴びたが、直後に大和の適時二塁打で勝ち越した。三嶋が9セーブ目。ソフトバンクは初登板のレイが6回3失点と粘ったが、引き分けを挟み3連敗となった。