【日本代表対U―24代表】MF鎌田は「削られてスイッチ入れられた」奮起の代表4試合連続ゴール

©株式会社東京スポーツ新聞社

代表4試合連続ゴールを決めた鎌田

日本代表MF鎌田大地(24=Eフランクフルト)が〝弟分〟の厳しいチャージに奮起した。

東京五輪世代のU―24日本代表戦(3日、札幌)で前半41分にチーム2点目を決め、代表4試合連続ゴールとした鎌田は「シュート自体はボテボテでしたがいいコースに飛んで入って良かったです」とし「プレーで考えることなく体が勝手に動いた。そういう時はいい時だと思うし、今日は良かった」と貴重な追加点を素直に喜んだ。

兄弟マッチとして注目の一戦。格上のチームとして勝って当たり前のA代表にプレッシャーがかかる中、U―24代表に主導権を渡さないまま3―0で快勝し、兄貴分の存在感を示した。

鎌田は兄弟マッチについて「やりづらかった」とし「思ったより相手も気合が入っていて、僕はたぶん他の選手よりふんわり入った。強めに来られて削られてから『ヤバいな』と思って。そこからちゃんとスイッチを入れられたので良かった」と後輩から激しいチャージを受けて一気に戦闘モードに入り、追加点につなげたという。「あんなに(ガツガツ)来るとは…。ケガするかと思ったので」と振り返った。

今後、日本代表は突破を決めたカタールW杯アジア2次予選2試合(7日=タジキスタン、15日=キルギス)と国際親善試合セルビア戦(11日)を戦う。鎌田は「目の前の試合を意識してやらないといけない。自分たちを表現して、勝つことをやっていく」と先を見据えていた。