五輪=台湾、野球最終予選の出場辞退 新型コロナ影響で

©ロイター

[3日 ロイター] - 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響を受け、台湾はメキシコで行われる東京五輪の野球最終予選への出場を辞退した。

世界ランキング4位の台湾は当初、同予選を開催する予定だったが、国内での新型コロナ感染者急増を受け、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が開催地をメキシコに変更した。

ただ、メキシコでは現在も1日当たり数千人の新規感染者が報告されており、2日発表のデータではパンデミックが始まってから22万8146人が死亡している。

台湾はメキシコでプレーすることになる選手の健康を懸念。また、台湾国内での感染者急増でトレーニング施設の使用を制限されたことも背景にあると、野球協会は声明で発表した。