「お祭り騒ぎで感染リスク」 分科会の尾身会長

©FNNプライムオンライン

政府の分科会の尾身会長は、東京オリンピック・パラリンピックの開催で、お祭り騒ぎのような雰囲気が出た瞬間に、一般の人の協力が得られにくくなるとして、競技と関係ない人の数をなるべく減らすよう求めた。

分科会・尾身茂会長「一生懸命自粛しているところに、そこでセレモニーというか、それこそお祭りというような雰囲気が出た瞬間に、人々はこれなんだと。オリンピックのゲームの運営に直接関係ない人の数は、参加者の数をなるべく減らしてください」

また、IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長が、「オリンピックの夢のためには、われわれは犠牲を払わなければならない」とした発言したことについて、尾身会長は、「すべて大会関係者が覚悟を持ってやる」という内容だと受け止めるとしたうえで、競技に直接関係ない人の日本への訪問をなるべく減らすことを期待していると話した。

東京大会をめぐり、尾身会長は2日、「パンデミック(世界的大流行)の中での開催は普通はない」としたうえで、開催する場合は、規模を最小限にすべきだとの考えを示している。