女性カップル「子の認知を」

凍結精子で出産、国提訴

©一般社団法人共同通信社

提訴後、血縁関係がある子どもを抱き、記者会見する原告の40代女性=4日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

 性同一性障害で男性から性別変更した女性が、凍結保存していた精子を使って生来女性のパートナーとの間にもうけた子を認知できる地位にあることの確認を求め、東京地裁に4日提訴した。国を相手取り、「血縁関係がある子の認知届が受理されないのは違法だ」と主張している。

 原告は東京都で暮らす40代と30代のレズビアン・カップル。訴状によると、40代の女性は性別適合手術を受け、戸籍を男性から女性に変更した。凍結精子を使って30代女性が2018年に長女、20年に次女を出産した。

 日本では同性婚が認められていない。