松元が男子200自でV

競泳ジャパンOP第2日

©一般社団法人共同通信社

男子200メートル自由形決勝 優勝した松元克央=千葉県国際総合水泳場

 競泳の東京五輪代表が出場しているジャパン・オープン第2日は4日、千葉県国際総合水泳場で行われ、男子200メートル自由形は松元克央(セントラルスポーツ)が1分46秒17で優勝した。午前に決勝がある東京五輪を想定して泳いだ予選は1分45秒48だった。

 女子400メートル個人メドレーは大橋悠依(イトマン東進)が4分35秒92で勝った。100メートル背泳ぎは男子を入江陵介(イトマン東進)が53秒00、女子を小西杏奈(ガスワン)が1分0秒34で制した。

 池江璃花子(ルネサンス)は専門外の女子50メートル平泳ぎで予選敗退した。