五輪最適化へ一層努力と橋本会長

尾身氏の発言受け

©一般社団法人共同通信社

記者会見する東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長=4日午後、東京都中央区(代表撮影)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は4日の記者会見で、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が東京五輪・パラリンピックの開催規模縮小を訴えたことに関し「尾身氏の発言は重要で、重く受け止めなければならない。簡素化、最適化に向け一層努力する」と述べた。

 1年延期となった東京大会について「スポーツの枠を超えた大きなコンテンツになる。日本の素晴らしい科学技術を世界に発信する最高の機会にもなる」と強調。同時に「世界が困難に直面する中での大きな前進は、大会の意義や価値だ」と訴えた。