ボクシング井上尚「攻め急がず」

ラスベガスで防衛戦

©一般社団法人共同通信社

防衛戦に向け練習する井上尚弥=横浜市(大橋ジム提供)

 世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)が4日、IBF1位のマイケル・ダスマリナス(フィリピン)と闘う防衛戦(19日・米ネバダ州ラスベガス)を前に、オンラインで記者会見し「体は100パーセント仕上がっている。攻め急がず、ゆっくり調理しようと思っている」と話した。9日に渡米予定。

 ジムの大橋秀行会長は、今回のファイトマネーが昨年10月の試合に続いて軽量級では破格の100万ドル(約1億1千万円)と明かした。

 井上尚は、左構えのダスマリナスについて「一発だけ気をつければいつかは倒せる」と語った。

防衛戦を前に、オンラインで記者会見するWBA、IBFバンタム級統一王者の井上尚弥=4日