【動画あり】糸魚川・上越東京五輪聖火リレー

大火復興に感謝、コロナ終息願いランナー駆ける

©株式会社上越タイムス社

 東京オリンピックの聖火が4日午前、県内スタートの糸魚川市から上越市へとつながれた。2016年12月の糸魚川大火からの復興に感謝し、コロナ禍の終息などを願うリレー。沿道では園児やランナーの関係者、家族、市民らが見守り、応援の横断幕や日の丸を掲げて、背中を押した。

 上越市の区間を走ったセパタクロー元日本代表の嵐富美雄さん(43)の家族は、沿道の謙信公大橋付近で応援。家などでトーチ受け渡しの練習をしている姿を見ていたという長女の小梅さん(13、直江津中2年)は「すごい、かっこ良かった」と笑顔で話した。

 娘2人と共に沿道で観覧したという柏崎市の男性(34)は「生で見ることができて感動した」、息子が最後のサポートランナーを務めたという清里区の女性(45)は「子どもにとっても、貴重な経験になったと思う」とそれぞれ話した。

糸魚川市の出発式。第1走者・横澤夏子さんのトーチへ、米田徹市長が点火棒で聖火を点火(糸魚川市役所正面玄関前)

  

糸魚川市の第1走者として出発する横澤夏子さん。市民観覧者らに笑顔を送り掛け出した(糸魚川市役所前)
糸魚川市の区間では感染予防をしながらの応援に、手作りの日の丸マスクやうちわで沿道に並んだ糸魚川幼稚園の園児たち(糸魚川駅前)
共に糸魚川市在住の木戸間重親さん(左)と猪又直登さんがトーチキスのポーズを決めて聖火をつなぐ(糸魚川市大町1、中央通り商店街)
上越市の区間で、手を振りながら走る糸魚川市の松本利恵さん。「楽しくてテンションが上がりました」と笑顔(市役所入り口交差点)
上越市の沿道では、市内小中学校が作成したオリジナルの横断幕がたくさん掲げられ、ランナーを後押し(写真は大潟町小)
上越市の区間、品田忠昭さん(左、柏崎市)から嵐富美雄さんへのリレー(謙信公大橋東詰)