青山、柴原組は2回戦敗退

土居組は棄権、全仏テニス

©一般社団法人共同通信社

女子ダブルス2回戦でプレーする青山(手前)、柴原組=パリ(共同)

 【パリ共同】テニスの全仏オープン第7日は5日、パリのローランギャロスで行われ、女子ダブルス2回戦で第4シードの青山修子(近藤乳業)柴原瑛菜(橋本総業)組はイリナカメリア・ベグ(ルーマニア)ナディア・ポドロスカ(アルゼンチン)組に5―7、6―3、3―6で敗れた。

 土居美咲(ミキハウス)ポロナ・ヘルツォグ(スロベニア)組は台湾ペアと対戦し、ヘルツォグの故障で第1セットの途中で棄権した。

 男子シングルス3回戦で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)がストレート勝ちして12年連続の16強入り。