ワクチン流通促進で一致

APEC貿易相会合

©一般社団法人共同通信社

オンライン形式で開かれたAPEC貿易相会合に出席する梶山経産相=5日午後、経産省

 アジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易相会合が5日、オンライン形式で開かれ、共同声明と付属文書を採択した。新型コロナウイルス流行による経済的打撃からの回復に向け、ワクチン流通の円滑化を進めることで一致。「安全で質の高く、低廉なワクチンの製造と分配を早急に加速する必要がある」とした。

 声明では、ワクチン特許の一時放棄に関するものを含む世界貿易機関(WTO)での条文ベースの交渉が早期に行われるよう緊急に取り組むとした。付属文書では、ワクチン流通の円滑化に関し、ワクチンと関連物品について空港や港湾を介した流通と輸送を「迅速化させる」とした。