武田、つり輪決勝へ 全日本体操種目別

©株式会社上毛新聞社

得意種目のつり輪で着実に技を決める武田=高崎アリーナ

 体操の東京五輪代表最終選考会を兼ねた全日本種目別選手権は5日、高崎アリーナで開幕して予選が行われ、男子4種目に出場した武田一志(徳洲会、伊勢崎あずま中出身)はつり輪で4位となり、6日の決勝に進出した。武田はNHK杯5位から五輪団体総合の残り2枠を狙ったが、今回で上位と差が開き厳しい状況に追い込まれた。

 種目別鉄棒に絞って個人枠で4大会連続の五輪出場を狙う内村航平(ジョイカル)が高得点の15.766点を出してトップとなり、決勝に進んだ。H難度の離れ技「ブレトシュナイダー」を決め、着地も止める完璧な演技を見せた。

 日本男子の個人枠は現状一つで、4月の全日本選手権と5月のNHK杯、今大会の結果で代表が決まる。1枠を内村と争う跳馬の米倉英信(徳洲会)は15.016点で2位通過した。 (田中暁)