5年ぶり美酒の笠りつ子 史上10人目ノーボギーVの裏に「カップを見ない」パター練習

©グローバルゴルフメディアグループ株式会社

最後も4メートル パッティングが冴えわたった(撮影:上山敬太)

<ヨネックスレディス 最終日◇6日◇ヨネックスCC(新潟県)◇6435ヤード・パー72>

5年ぶりに元気印の笑顔が新潟に咲いた。ツアー唯一となる北陸決戦「ヨネックスレディス」を制したのは、トータル12アンダーまで伸ばした笠りつ子だった。

2日間首位をキープして迎えた最終日。予選とは違い緊張なく迎えられたという笠だが、6番でバーディを先行すると、折り返しての11番でもバーディを奪った。最終18番で先にバーディを奪った三ヶ島かなに並ばれたが、ここでバーディパットを入れ替えし勝負あり。5年ぶりとなる栄冠をつかんだ。

今週はパッティングが冴えわたった。初日から外しごろの距離をことごとく沈めた。最終日も6番3メートル、11番4メートル、18番4メートルと、1つもベタピンでのバーディはなかった。もっと言えば、17番のパーパットも4メートル。しびれるパットを入れ続けた。

ここ数年はパッティングに苦しんでいた。2018年、19年と平均パット数はパーオンホール、1ラウンド当たりの数字ともに50位を大きく下回っていた。もともとショット力の高い選手。課題は明確だった。

そこで今年から取り入れたのが「カップを見ない」練習。「ショートパットの練習のときに小さいシールを貼って、カップを見ずにそこを通して入れるという、ラインを出すことをやり始めました。それまでは出球がバラバラだったり、しっかりラインに打てていなかった。それが良くなった」と弱点を修正。そこに「コンディションが素晴らしくて私との相性が良かった」とコースの後押しも重なった結果、史上10人目となるノーボギー優勝を成し遂げた。

最近は黄金世代に始まり、プラチナ世代、稲見萌寧ら若い選手の活躍が目立つ。そのなかでも「素晴らしい選手がいるなかで、『私は私』と、年齢関係なく自分と戦っていこうと思っている」と自分のペースを貫く33歳。「これからビッグトーナメントがあるので、また頑張りたい」。取り戻したパット、そして最大の武器であるショットで、これからも勝利を重ねていく。

【ノーボギー優勝者】
アニカ・ソレンスタム(2003年、ミズノクラシック)
馬場ゆかり(2004年、ヨネックスレディス)
ポーラ・クリーマー(2005年、NEC軽井沢72ゴルフトーナメント)
有村智恵(2009年、大王製紙エリエールレディス)
李知姫(2010年、NEC軽井沢72ゴルフトーナメント)
アン・ソンジュ(2015年、ミズノクラシック)
全美貞(2016年、サマンサタバサ レディース)
古江彩佳(2020年、デサントレディース)
申ジエ(2020年、TOTOジャパンクラシック)
笠りつ子(2021年、ヨネックスレディス)