【車いすテニス】全仏OP 上地は連覇ならず…デフロートにストレート負け

©株式会社東京スポーツ新聞社

上地結衣

ライバル対決を制することはできなかった。テニスの4大大会「全仏オープン」(パリ)の車いすの部女子シングルス準決勝が6日に行われ、第2シードの上地結衣(27=三井住友銀行)は、第1シードのディーデ・デフロート(24=オランダ)に4―6、3―6で敗戦。2年連続5度目の優勝とはならなかった。

2月の全豪オープン(メルボルン)でも苦杯をなめられた相手に、序盤から果敢に攻撃を仕掛けるも、最後まで流れをつかむことできなかった。
上地とデフロートが4大大会での対戦するのは今回で10度目。しかし、2018年の全仏オープン決勝で勝利して以降、7戦勝利なし。通算成績は2勝8敗と苦しい戦いを強いられている。
東京パラリンピックの開幕まで残り2か月半あまり。かねて「金メダル獲得」を目標として掲げているだけに、次こそリベンジを果たしたいところだ。