女子やり投げ上田百寧、自己新記録で優勝 陸上・デンカチャレンジ杯

©株式会社西日本新聞社

陸上のデンカチャレンジ杯は6日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで行われ、女子やり投げで上田百寧(福岡大)が6投目に61メートル75の自己新記録を出して優勝した。1日の木南道孝記念(大阪)で自身初の60メートル超えとなる60メートル38をマークしたばかり。「調子が良すぎて助走が速かったので途中から抑え、しっかり力を込めて投げられた」と笑顔を輝かせた。

24日開幕の日本選手権で東京五輪参加標準記録(64メートル00)の突破と優勝を狙う。「64メートルは今まで見上げるような目標だったけど、今は超えていける気持ちになっている」と自信をのぞかせた。