「次はそろって全国入賞を」 鎮西学院3大会ぶり男女V

第73回県高校総合体育大会 第2日

©株式会社長崎新聞社

【卓球男子団体決勝、鎮西学院-瓊浦】接戦を制してチームを優勝に導いた鎮西学院の真木(左)・小鉢組=大村市、シーハットおおむら

 卓球団体は鎮西学院が3大会ぶりに男女優勝を飾った。今季、ともに長崎県のトップを走り続けてきて迎えた県高総体の大一番。男子の坪口監督は「メンタルがいかに団体の戦いを左右するかを教わった」、女子の松井監督も「チームが成長しているのを確認できた」と、それぞれ次への収穫を得た大会になった。
 男子は全試合3-0で制したが、決勝は瓊浦の挑んでくる姿勢に押されて苦戦した。真木、福嶋のシングルスで連勝した後のダブルス。3年生の真木・小鉢組は、瓊浦の岩波・辻組に最終ゲームまで粘られた。最後はエース真木の意地のスマッシュで何とかゲームセット。主将の小鉢は「全国では自分たちも相手に向かっていく気迫で戦いたい」と初心を再確認させてくれたライバルへの感謝を口にした。
 女子は選手層の厚さを披露した。準決勝、決勝はオーダーを工夫しながら、瓊浦、長崎女商を退けた。準決勝こそ瓊浦のエース中道に1勝を許したが、決勝は安定した試合運びで3-0。3年生の早田、貞方が、1、2年生主体チームをしっかりと引っ張った。貞方は「一人一人が努力してきたことを出せた」と胸を張った。
 男女一緒に挑むインターハイは、やはり気持ちの上で心強い。「この県高総体をいい経験にして、しっかり準備して本番に臨む」(真木)、「仲間の思いを力にして、8強入りを目指す」(早田)。次はそろって全国入賞を取りにいく。

【卓球女子団体決勝、鎮西学院-長崎女商】優勝を決めて笑顔を見せる鎮西学院の貞方(左)と山本=大村市、シーハットおおむら