20年ぶりに県記録更新 男子800m、仲井真が自己ベスト

©株式会社琉球新報社

 陸上のデンカチャレンジ杯は6日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで行われた。

 男子800メートルの仲井真タイ剣人(関東学院大2年)が県記録を20年ぶりに塗り替えた。従来の記録は2001年の新城浩史(順大)の1分52秒35で0秒71の更新。自己ベストを約2秒縮めた。「とにかく前の選手について行こうと考えていた。みんな速かったので、それで流れに乗れた」と成長の走りを見せた。

 北山高の後輩、上原琉翔が4月、5000メートルで県高新を出したことに刺激を受けたと言い「後輩ばかりにかっこいい思いはさせない」とタイムで示した。

 向上心は尽きず、順位に悔しさもにじませる。「年ごとに2秒ずつ縮めているので40秒台に突入したい」と明確な目標を掲げた。