バスケB1 辻直人選手、広島ドラゴンフライズへ 川崎ブレイブサンダースから移籍

川崎市宮前区

©株式会社タウンニュース社

CS準決勝の栃木戦に出場する辻選手(5月22日)=川崎ブレイブサンダース提供

バスケットボール男子B1・川崎ブレイブサンダースは6月2日、契約満了となった辻直人選手(31)が広島ドラゴンフライズに移籍すると発表した。

東京五輪日本代表候補の辻選手は、東芝ブレイブサンダース時代から同クラブで9季にわたり主力として活躍。今年3月の天皇杯優勝や、今季(2020―21シーズン)はプレーオフのチャンピオンシップ(CS)ベスト4進出にもエースとして貢献した。先月31日には、川崎から契約満了が発表されていた。

B1西地区の広島は今季、9勝46敗で最下位の10位だった。辻選手は、広島の公式サイトで「広島ドラゴンフライズを常勝チームへと導くために移籍してきました!辻直人です。バスケットボール人生『第二章』をこの広島の地でスタートできることに、自分自身ワクワクしています!バスケットボールで広島を、そして広島の皆さまをハッピーにできるようにしていきます!ぜひとも応援のほど、よろしくお願いいたします!」とコメントしている。