青木功会長、笹生の全米女子OP優勝に「松山選手のマスターズに続く快挙、嬉しい」

©株式会社神戸新聞社

  青木功氏

 「女子ゴルフ・全米女子オープン・最終日」(6日、オリンピック・クラブ=パー71)

 笹生優花が通算4アンダーで並んだ畑岡奈紗との日本勢対決となったプレーオフを3ホール目で制した。19歳351日での優勝は大会史上最年少。日本勢女子のメジャー優勝は1977年全米女子プロ選手権の樋口久子、2019年全英女子オープンの渋野日向子に続き3人目となる。

 日本ゴルフツアー機構の青木功会長もコメントを発表。「4月の松山英樹選手のマスターズトーナメント優勝に続く快挙達成で、本当に嬉しく思います。日本人選手の海外メジャー大会での優勝は、我々に大きな希望を与えてくれます。笹生選手の今後の更なる飛躍はもちろんのこと、日本人選手の世界でのますますの活躍を期待しています」。