首相、五輪開催の判断基準示さず

「国民の命と健康守るのが前提」

©一般社団法人共同通信社

参院決算委で答弁する菅首相=7日午後

 菅首相は7日の参院決算委員会で、東京五輪・パラリンピック開催が可能となる具体的な基準を明言しなかった。「国民の命と健康を守るのが首相たる私の仕事で、開催の前提だ。守れなければ実施しない」と語った。野党は政府の新型コロナ感染症対策分科会に開催条件を諮るよう要求。尾身会長は「そういう立場にない」としながらも、五輪実施に伴うリスクを分析し、独自に提言する意向を重ねて示した。

 「国民の命と健康を守る」点を開催の前提条件だと繰り返す首相を、立憲民主党の水岡氏は「前提が崩れたときに中止の選択肢を取れるのか」と追及。首相は「私自身は主催者ではない」とかわした。