アマゾン創業者ベゾス氏、7月に宇宙旅行 自身のベンチャーの初飛行で

©BBCグローバルニュースジャパン株式会社

米オンライン通販大手アマゾンの創業者ジェフ・ベゾス氏は7日、自身が設立した宇宙開発企業ブルー・オリジン初の有人宇宙飛行に参加すると発表した。

でベゾス氏は、「小さいころからずっと」宇宙に行きたかったと語った。

「7月20日、弟とこの旅に出る。親友と、最高の冒険に」

ブルー・オリジンはまた、ベゾス兄弟と共に宇宙飛行に参加する1名をオークション形式で募集している。

米誌フォーブスによると、世界的な富豪のベゾス氏の総資産は1862億ドル(約20兆3600億円)。

ブルー・オリジンの宇宙船「ニュー・シェパード」の3人目の席の値段は、現在280万ドルに達している。オークションの締め切りは6月12日。

「ニュー・シェパード」の打ち上げロケットは、宇宙から帰還した後、逆噴射で着陸するという。宇宙船は、アメリカ人として初めて、人類として2番目に宇宙へ行ったアラン・シェパード氏にちなんで名付けられた。

ブルー・オリジンのウェブサイトによると、同社は有人宇宙船を地球の上空100キロ以上まで打ち上げ、無重力を体験させる。6人乗りのカプセルはその後、パラシュートで地球に帰還する。

ベゾス氏は今年2月、アマゾンの最高経営責任者(CEO)を7月に退任すると発表。宇宙飛行は、退任のわずか2週間後に実施される。

CEO退任後、ベゾス氏はアマゾンの取締役会長となる。同氏は自分が立ち上げたほかのベンチャー企業に集中する「時間とエネルギー」を確保できるようになると述べた

(英語記事 Jeff Bezos and brother to fly to space in July