U24日本代表・冨安けがで離脱 横内監督代行「悪化している訳ではない」瀬古を招集

©株式会社神戸新聞社

 U-24日本代表・冨安健洋

 日本サッカー協会は9日、国際親善試合ジャマイカ戦(12日、愛知・豊田スタジアム)に臨む東京五輪世代のU-24(24歳以下)日本代表DF冨安健洋(22)=ボローニャ=が怪我のため離脱し、DF瀬古歩夢(21)=C大阪=を追加招集すると発表した。瀬古の背番号は28で、10日の練習から合流する。

 右膝を痛めていた冨安は、5月下旬の日本代表合宿から別メニュー調整が続いていた。U-24日本代表に合流後、5日の国際親善試合U-24ガーナ代表との試合には出場したが、再び別メニュー調整となっていた。

 オンライン取材に応じた横内昭展監督代行(53)は冨安について「回復状態にはあって、ガーナ戦はやれるところまで来て、悪化している訳ではない。悪化する可能性もあるということで様子を見て練習を休ませていた」と、軽傷であることを強調した。