凸版印刷とCCCマーケティング、非接触のロッカーを利用したマーケティング

©株式会社マイナビ

凸版印刷とCCCマーケティングは6月9日、非接触でブランドと出会うことができる「GXロッカー」サービスを開発したと発表した。

このサービスでは、事前にオンライン上で消費者がQRコードやシリアルコードを取得し、それを入力することで開けることができる非接触型デジタルロッカーを利用することで、人と接触することなく、「試食・試飲」や「サンプリング」といったリアルでのブランド体験をすることができるという。

また、会員数7,000万人を超えるTカードの「ユニークデータ」と連携することで、これまで難しかったデータを基にしたターゲットの抽出から集客、効果測定までを一貫して行うことができるという。

また、CCCマーケティングが有するデータに基づいたターゲットセグメンテーションや、ブランド接触後の購買行動といったカスタマージャーニーやブランド定着率を検証可能とし、より効果的な消費者とのコミュニケーションが可能としている。

なお、本サービスの実証実験を2021年6月7日よりTSUTAYA赤坂店(東京都港区)にて開始した。実施期間は7月6日までで、QRコードダウンロード率、店舗引換率、事後購入率 × 性別・年代・エリア・事前購入有無・各種嗜好軸等を検証する。

今後両社は、「GXロッカー」を通し、さらなるサービスの質向上を目指し、ニューノーマル時代における効果的なブランド体験を提供し、全国の様々な店舗での展開も検討する。