東京五輪の事前合宿「受け入れる方針に変わりない」 沖縄・恩納村長「厳しい対策をした上で迎えたい」

©株式会社沖縄タイムス社

 恩納村で7月に予定されている東京五輪7人制ラグビー・男子アルゼンチン代表の事前合宿について、長浜善巳村長は9日の村議会6月定例会の一般質問で、「組織委員会から示された新型コロナウイルス感染防止のガイドラインを徹底した上で受け入れる方針に変わりはない」と答弁した。村によると、アルゼンチン代表の選手や役員計19人が同月12日から21日まで、村の赤間総合運動公園のサッカー場や陸上競技場で事前練習し村内で宿泊する予定。

 質問した吉山盛次郎村議は、アルゼンチンも日本もコロナが収束していない中で受け入れるのは危険ではないかと指摘した。これに対し長浜村長は、村民と接触しないよう選手の移動は宿泊地と練習場所の往復に限定し、練習の見学も禁止する方針と説明。その上で「アルゼンチン側も感染対策やワクチン接種をした上で入国し、入国後は毎日PCR検査を受けるのが義務と聞いている。村では3月にサッカーのキャンプなども受け入れており、今回はさらに厳しい感染防止対策をした上で迎えたい」と理解を求めた。
 村では現在、総合運動公園内の赤間多目的運動場で高齢者にワクチンの集団接種を実施しており、合宿中の同月18日は接種が予定されている。村は「選手と村民が接触しないよう、厳しく導線を定めて対応したい」としている。