全日本大学野球、8強出そろう

初出場の国学大、慶大や関学大も

© 一般社団法人共同通信社

国学院大―富士大 7回、適時打を放ち、一塁へ駆けだす国学院大・山本ダ=東京ドーム

 全日本大学野球選手権第3日は9日、神宮球場などで2回戦6試合が行われ、初出場の国学院大が富士大に4―2で逆転勝ちし、準々決勝に進んだ。慶大、関学大、上武大、福井工大、福岡大も勝ち上がり、8強が出そろった。

 国学院大は1―2の七回に山本ダの適時打などで3点を奪った。慶大は七回にスクイズを絡めた攻めで3点を勝ち越し、和歌山大を4―2で振り切った。関学大は3点を追う八回に5点を挙げ、国際武道大を6―4で破った。上武大は初出場の桜美林大に4―2で逆転勝ち。福井工大は大商大を4―1で下し、福岡大は共栄大に5―0で快勝した。