楽3―7中(9日)

中日が交流戦首位へ

©一般社団法人共同通信社

9回中日2死、高橋周が右中間にこの試合2本目の本塁打を放つ=楽天生命パーク

 中日が今季最多の14安打で7点を奪い、交流戦の首位に浮上した。同点の四回に木下拓の適時打で勝ち越し、九回は高橋周がこの日2本目となるソロ本塁打を放つなど4打点。小笠原は6回2失点で4勝目。楽天の連勝は6で止まった。