米、対中戦略見直し同盟強化

国防長官、全省に指示

©一般社団法人共同通信社

オースティン米国防長官(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米国防総省は9日、バイデン政権発足後の2月から対中戦略を見直していた対策チームがオースティン国防長官に最終提言を出したことを明らかにした。オースティン氏は同日、提言を踏まえて全省に指示を出し「一番の深刻化する挑戦」と位置付ける中国に対処するため日本などインド太平洋地域の同盟・友好国と連携を強化する方針を示した。

 オースティン氏の指示と最終提言は機密扱いのため非公表。国防総省高官によると、指示は国防総省内で中国の挑戦への対処が優先事項であると明確にするのが目的で、米軍や国防総省関係者に対する教育プログラムの更新などが含まれる。