第73回県高校総合体育大会 第5日 ラグビー 長崎北陽台と長崎南山、11日決勝へ

©株式会社長崎新聞社

【ラグビー準決勝、海星―長崎南山】後半30分、左隅にトライを決める長崎南山のFB尾道=県営放虎原ラグビー場

 長崎県高校総合体育大会第5日は9日、大村市の県営放虎原ラグビー場でラグビーの準決勝が行われ、長崎北陽台と長崎南山が決勝(11日11時・長崎市総合運動公園かきどまり陸上競技場)に進んだ。両校の決勝対決は4大会連続13度目。
 第1試合に予定されていた長崎北陽台-長崎北は、長崎北が試合前、チーム関係者に新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者を確認して棄権。長崎北陽台の決勝進出が決まった。
 第2試合の海星-長崎南山は、長崎南山が前半5分までにナンバー8吉田、WTB後藤、ロック寺田で3トライ(3ゴール)を奪うと、その後もバックスのスピードを生かした攻撃でトライを量産。海星も前半14分にWTB高比良、後半17分にCTB福田がトライを返したが、長崎南山が64-12で快勝した。
 第6日は10日、雲仙市の県立百花台公園サッカー場でサッカーの準決勝、国見-長崎総合科学大付(12時)、長崎日大-諫早商(14時)の2試合を実施する。