海に転落した男性救助に貢献 2人に感謝状贈る 早岐署

©株式会社長崎新聞社

署長感謝状を受け取った川原さん(左から2人目)と森田さん(同3人目)=早岐署

 誤って海に落ちた高齢男性の救助に貢献したとして早岐署は8日、長崎県佐世保市有福町の川原義博さん(73)と森田孝志さん(72)に署長感謝状を贈った。
 同署などによると5月21日午前5時半ごろ、知人同士である2人が同町でウオーキングをしていたところ「おーい」という声が聞こえた。付近を確認すると早岐瀬戸の堤防から足を滑らせ海に数十センチほど漬かった状態の70代男性を発見。2人は自分たちで引き上げることが困難だったため、すぐに同署に通報した。男性に目立った外傷はなかったという。
 同署で船場幸夫署長から感謝状を受け取った2人は「気付けたのは本当に偶然。まだ水も冷たい時期だったので助かってよかった」と安堵(あんど)の表情で語った。