交番襲撃事件遺族、富山県を提訴へ

©一般社団法人共同通信社

 2018年に富山市で起きた交番襲撃事件を巡り、富山県警の初動対応に問題があったとして、元自衛官の被告に射殺された警備員の遺族が県と被告に損害賠償を求め、11日に提訴することが分かった。遺族側代理人が10日明らかにした。