10月の平戸市長選 黒田氏 4選目指し出馬表明

©株式会社長崎新聞社

黒田成彦氏

 平戸市長の黒田成彦氏(60)=3期目=は9日、任期満了に伴う同市長選(10月10日告示、17日投開票)に4選を目指して立候補すると表明した。同市長選には行政書士で元平戸市職員の松本和之氏(67)が既に出馬表明している。
 定例市議会の一般質問で神田全記議員(伸天会)に答えた。黒田氏は「今年を脱コロナ元年に位置付け、『元気な平戸への復活宣言』として、4期目に向けて立候補を表明したい」と述べた。無所属で立候補する意向。取材に対し、3期目の評価について「コロナ禍でも掲げた公約はいい成果をもたらしている」と語った。
 黒田氏は旧北松生月町(現平戸市生月町)出身。麗澤大卒。2009年に県議から立候補し、元市議との一騎打ちを制して初当選。13年、17年は無投票だった。