愛知知事リコール、期限延長陳情

事務局長、鈴木宗男参院議員に

©一般社団法人共同通信社

 愛知県知事へのリコール(解職請求)運動を巡る署名偽造事件で、地方自治法違反容疑で再逮捕された事務局長田中孝博容疑者(60)が運動期間中の昨年9月下旬、運動を主導した高須クリニックの高須克弥院長と共に日本維新の会の鈴木宗男参院議員を訪ね、「署名集めの期限を延長できないか」と陳情していたことが10日、鈴木氏の事務所への取材で分かった。

 大半の市町村で署名集めの期限だった同10月25日まで1カ月ほど残っていたが、田中容疑者は早い段階で法定数に届かないと判断したとみられる。延長はかなわず、この直後に署名偽造を計画し始めたとみられる。

この記事はいかがでしたか?