NHK杯長崎県高校野球 小浜×長崎南山 長崎商×大崎 4強

©株式会社長崎新聞社

 第69回NHK杯長崎県高校野球大会第3日は9日、長崎市の県営ビッグNスタジアムと諫早市第1野球場で準々決勝4試合が行われ、3番打者の大町がサイクル安打を達成した長崎商をはじめ、大崎、長崎南山、小浜が準決勝に進んだ。
 長崎商は中盤から徐々にリードを広げて、長崎西に8-3で快勝した。大崎は諫早農に先制されながらも、2-1で逆転勝ち。長崎南山は九回に追いつき、海星に延長十回5-3で競り勝った。小浜は3-3の同点から四、五回に突き放して、九州文化学園を10-6で退けた。
 第4日は12日、ビッグNで大崎-長崎商(10時)、長崎南山-小浜(13時)の準決勝を実施。大会はここまで保護者らを除いて無観客だったが、県高野連は12日の準決勝、13日の決勝と3位決定戦で観客を入れると発表した。観戦希望者は県高野連のホームページからダウンロードできる所定の用紙に必要事項を記入し、当日に受付で提出する。マスク着用や検温の上、座席移動やネット際での撮影、大声での応援は控える。入場料は600円。