米消費者物価5%上昇

5月、12年ぶり高水準

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】米労働省が10日発表した5月の消費者物価指数は前年同月に比べて5.0%上がり、上昇率は2008年8月(5.4%)以来、12年9カ月ぶりの大きさとなった。新型コロナウイルス禍からの経済活動再開が巨額財政出動とワクチン普及で加速。原材料高騰や人手不足も重なり、物価上昇圧力が高まっている。

 消費者物価指数は前月比(季節調整済み)でも0.6%上昇し、上昇率は今年4月(0.8%)よりはやや縮小したが、高い伸びが続いた。経済活動が停滞した前年同月からの反動で、伸びが高まった面もある。

 品目別の前年同月比を見るとエネルギー価格は28.5%上昇した。

この記事はいかがでしたか?