梅雨どこへ、早くも猛暑

週末から悪天候も

©一般社団法人共同通信社

東京・銀座で日傘を差して歩く人たち=11日午後

 沖縄・奄美、西日本、東海が記録的な早さで梅雨入りしたが、5月下旬以降はまとまった雨が降らない状態が続く。9日には福岡県久留米市などで最高気温が35度を超えるなど、暑い「梅雨の中休み」となった。週末ごろからは西から次第に天気が崩れ、梅雨入りする地域がありそうだ。

 12~18日は全国的に低気圧や前線の影響を受けやすくなり、曇りや雨の地域が次第に増えていきそうだ。関東甲信や北陸も梅雨入りする可能性がある。気象庁の担当者は「梅雨の本番はこれから。気象情報や自治体の避難情報に注意し、危険な大雨が想定されれば早めの避難を」と呼び掛けている。