「Netflix」完全新作アニメ3作品を発表! 太田垣康男、安達寛高(乙一)、イシグロキョウヘイらがそれぞれ参加

©株式会社イード

『MAKE MY DAY』ティザーアート

世界最大級のオンラインストリーミングサービス「Netflix」が、北米オンラインイベント「Geeked Week」(アメリカ時間6月7日~11日開催)にて、新たに完全新作アニメ3作品の制作を発表した。

“武士”キャラといえば? 3位「ワンピース」ゾロ、2位「るろうに剣心」緋村剣心、1位は...

今回発表となったのは、『機動戦士ガンダム サンダーボルト』や『MOONLIGHT MILE』などで知られる太田垣康男描き下ろしの、不毛な惑星を舞台とする壮大なオリジナルSFアクション『MAKE MY DAY』。

そして、小説家・乙一として知られる安達寛高が脚本を担当、『ファイナルファンタジー』シリーズなどで知られる現代美術家・天野喜孝がキャラクターデザインを務めるスペースホラーアニメ『exception』。

さらに、『四月は君の嘘』『クジラの子らは砂上に歌う』のイシグロキョウヘイ監督がメガホンを取り、ウィル・スミス主演のハリウッド大作『ブライト』の世界観に基づいて、幕末から明治の日本を舞台とするスピンオフアニメ『Bright: Samurai Soul』の3作品だ。

今回、3作品のティザーアートも公開。

各作品のキャストや配信時期など、続報にも注目したい。

作品情報

Netflixアニメシリーズ「MAKE MY DAY」

白鳥座の角にある氷と雪に覆われた不毛な惑星。地下の暗闇から突如として謎の生物が現れ、住民たちを襲い始める。

明日が見えない恐怖の中で、人間たちは生き延びることができるのか?

原作:太田垣康男

監督:本多真

脚本:吉澤佑実子

メカデザイン:押山清高 / 河森正治

キャラクターデザイン:株式会社5

制作:株式会社5

Netflixアニメシリーズ「exception」

遠い未来、人類は地球を追われ、他銀河系への移住を余儀なくされていた。テラフォーミングの対象となっている惑星に先遣隊の宇宙船が到着し、生体3Dプリンターによって、メンバーが一人ひとり出力されていく。しかしその過程で思わぬ事故が起き、そのうちの一人の出力中に致命的エラーが発生してしまう。次々と引き起こされる予測のできない事態に先遣隊の面々は立ち向かうことになるがー。

原作・脚本:安達寛高(乙一)

監督:サトウユーゾー

キャラクターデザイン:天野喜孝

制作:株式会社タツノコプロ(BAKKEN RECORD) 、株式会社5

Netflixアニメ映画「Bright: Samurai Soul」

幕末から明治の狭間。長き江戸の時代は血が流れる代わりに光(ワンドが放つ力)をもって終わりを迎え、新しい時代に向けて変わり始めていた。

そんな世界の中で、生きる目的を失った隻眼の浪人「イゾウ」と、人殺しに嫌気が差し、盗賊から足を洗おうとしているオーク「ライデン」の二人は、時を同じくして出会ったエルフの少女「ソーニャ」と彼女が持つ「ワンド」を、北にあるエルフの国に無事送るため、東海道を旅することになる。

三人の行く手を阻むのは、森羅万象すべてを従える「ダークロード」の復活を目指して「ワンド」を手にしようとする謎の組織(インファーニ)。彼らは新政府も巻き込んでイゾウたちから「ワンド」を奪おうとする。

京都から横浜までの東海道を舞台に、イゾウとライデンの「ワンド」を守る旅が始まる。

監督:イシグロキョウヘイ

脚本:横手美智子

キャラクターデザイン:山形厚史

アニメーション制作:アレクト

好きな“アニメの名台詞”は? 3位コナン「人が人を助ける理由に...」、2位コードギアス「撃っていいのは...」、1位は?<21年版>

“火・炎”キャラといえば? 3位「炎炎ノ消防隊」森羅、2位「FAIRY TAIL」ナツ、1位は...<21年版>

エミリアの花嫁衣装と「20年後のスバル」が登場! 「リゼロス」最新情報まとめ

CHiRO★

この記事はいかがでしたか?